電化するリフォーム

自宅をオール電化にする為にリフォームをする家庭があるでしょう。オール電化を行うことで、ガスを使用しなくて済むため、ガス代およびガスの基本料金を無くすることができる。 また、オール電化では通常は夜間の安い電力を活用しながら給湯などを行うため、光熱費全体を抑えることが可能になる。 オール電化のリフォームを行う場合には、給湯設備およびガスコンロを電気コンロに置き換えることや、ガスを用いた床暖房を電気製品のものに置き換える工事を実施することになる。費用面では取り換える機器などにもよるが、数十万円程度必要になる。

オール電化は比較的古くからあり、ガスと電気の基本料金を1本化することで、光熱費全体をさげるために有効な手段となっている。 最近では、このオール電化について変遷してきている。それは、ソーラー発電などの機器を組み合わせてオール電化をしていこうとするものに変遷しているということがある。以前は、電力会社からの購入電力の使用を前提として、これらを進めるということが一般的であった。しかし、最近では太陽光発電の導入を行いそのエネルギーを利用するために、宅内のエネルギー源を電力に統合化しようとするために行われることが一般的になっている。 太陽光発電の導入によるコスト削減を最大限に活かすために、オール電化を取り入れる動きが中心となってきている。